外壁塗装でブルー系を検討中の方へ!色選びの注意点をご紹介します!

「外壁塗装の色を何にしようか迷っている」 「ブルー系の特徴を知りたい」 このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。 そこで、今回はブルー系の特徴と色選びの注意点をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。

□ブルー系の特徴とは?

1つ目は誰にでも好まれやすい色であることです。 ブルー系と聞いてどんなイメージを持つでしょうか。 空や海のさわやかなイメージを持つ方が多いでしょう。 ブルー系は清涼感や信頼感など高感度の高い色になります。 また、集中力を高めたり気持ちを落ち着かせたりする効果もあります。 2つ目は使い方によって印象が異なることです。 ブルー系と言っても濃い青、パステル系、渋みの強い青までさまざまな青が存在します。 そんなブルー系ですが、濃さによって与える印象が全く異なります。 たとえば、濃い青を使うとクールで高級感のある外壁に仕上がります。 反対位に薄めの青を使うとさわやかでキュートな雰囲気の外壁に仕上がります。 色の濃さや組み合わせる色の種類、素材などで見た目の印象を大きく変えられるでしょう。

□色選びの際の注意点とは?

1つ目はなるべく大きい色見本を使うことです。 色見本を見て何の色にするか決めていくわけですが、その際の色見本をできるだけ大きいものにしましょう。 面積によって色の見え方が異なるためです。 色には面積効果という占める面積によって色の見え方が異なる錯覚があります。 イメージと仕上がりの色が異なって見えると後悔する方も多いようです。 このようなトラブルを避けるためにも、大きめの色見本を用意してもらったり、実際に外壁で試しに塗ってもらったりしましょう。 2つ目はツヤを考慮することです。 色ばかりに気を取られ、ツヤを考えていないと後悔します。 ツヤも家の印象を大きく左右する要素の1つです。 ツヤありかツヤなしどちらが良いのか考えておきましょう。 3つ目は周りの景観についても考えることです。 近隣の家からあまりにも浮いていると周りから反感を買う場合があります。 また、一部の自治体には景観形成のガイドラインにより色が定められている場合もあります。 一度確認しておきましょう。

□まとめ

ブルー系のメリットをご紹介しました。 ブルー系は印象が良い色であることに加えてどんな印象の家にも仕上がるメリットがあります。 また、色選びの際の注意点もご紹介しました。 色には面積効果と呼ばれる錯覚があることを覚えておきましょう。 この記事の他にも知りたいことがあればお気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。