外壁塗装をおしゃれにする方法とは?デザインを決めるポイントをご紹介します!

「外壁をおしゃれに仕上げたい」 「おしゃれなデザインのポイントを知りたい」 このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。 そこで、今回は外壁のデザインを決める際の注意点とおしゃれのポイントをご紹介します。 ぜひ参考にしてください。

□外壁のデザインを決める際の注意点とは?

1つ目は、カラーシミュレーションは参考程度にとどめておくことです。 機械で実際に住宅に色を塗った際のシミュレーションを行うカラーシミュレーションですが、使用するパソコンやスマートフォンの画面によって色の見え方が変わってきます。 また、他の太陽光や蛍光灯の色味などさまざまな要因によって色が異なって見えます。 そのため、カラーシミュレーションを信頼しきって色を決めると仕上がりが理想とずれていたという失敗がおきやすくなります。 カラーシミュレーションは大体のイメージや色を検討する程度に使用しましょう。 2つ目は、色数は多くても3色以内にすることです。 4色以上使ってしまうとごちゃごちゃして落ち着きのない外観になってしまいます。 統一感をもたせるため、基本は2色、多くとも3色以内におさめるようにしましょう。 3つ目は、汚れの目立ちやすさも考えることです。 白や黒はおしゃれな外壁ですが、汚れが目立ちやすいです。 メンテナンスを定期的に行わないとせっかくのおしゃれな外壁が汚くなってしまいます。 汚れが目立ちにくい色を選んだ方が美しい外壁をより長く保てます。 おしゃれさも大切ですが、汚れの目立ちにくさも考慮して色を選ぶようにしましょう。

□外壁塗装をおしゃれにしたいなら注意したいポイントとは?

1つ目は色のイメージを把握することです。 色にはそれぞれが持つイメージがあります。 たとえば、ダーク系であれば、重厚感、高級感、モノトーンであればスタイリッシュ、シンプル、ライト系であれば優しい、かわいらしいなどです。 色のイメージを把握して理想の家のイメージに似合う色を選ぶようにしましょう。 2つ目は素材を活かすことです。

*サイディング

サイディングはデザインが豊富です。 石積調やレンガ、タイル調、木目調などデザインが初めから施されています。 そのため、おしゃれなサイディングの外壁にするためにはそのデザイン性を損なわない色選びが大切ですね。

*タイル・レンガ

タイルやレンガはインパクトがある外壁です。 部分的にタイルやレンガが使われている場合は他の部分と色を変えてあげると印象的な仕上がります。

□まとめ

外壁塗装をおしゃれに仕上げるコツをご紹介しました。 住宅のおしゃれさに大切なのは統一感です。 構造も素材も活かした統一感のある色を選ぶようにしましょう。 その他にも外壁塗装について知りたいことがあればお気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。