サイディングの隙間は放置するとどうなる?補修方法をご紹介します!

「サイディングの隙間を補修したい」 「外壁の隙間を放置しているとどうなるの」 このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。 そこで、今回はサイディングの隙間を放置しているとどうなるのかとその補修方法をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。

□サイディングの隙間を放置しているとどうなる?

外壁に異常が見られても補修を依頼するのは手続きや打ち合わせなどがあり面倒だと感じる方が多いでしょう。 異常が見られても実生活に支障がでないのであれば、なおさら放置してしまいがちです。 しかし、サイディングにできた隙間を放置すると以下のような被害の原因になってしまいます。 ・雨漏り ・建材へのダメージ ・シロアリの発生 隙間から雨が侵入してしまい、建材が濡れてしまいます。 外壁の内部はなかなか乾きません。 そのため、しばらく濡れたままになり、濡れた部分が腐敗してしまいます。 内部の建材が腐敗してしまうと建物全体の寿命を大きく短くしてしまいます。 また、湿気が多い場所や濡れた木材はシロアリの好物になります。 サイディングの隙間を放置していると気付かないうちに、シロアリの温床になってしまう可能性があります。 このようにサイディングの隙間を放置していると建物の寿命を大きく短くしてしまいます。 隙間が外壁に確認できた時はすぐに補修を依頼するようにしましょう。  

□サイディングの補修は業者に依頼しよう

DIYが一般的になった今、安く済ませようとDIYを考えている方が多いでしょう。 うまくすれば業者に依頼するよりも費用をぐっと安く済ませることも可能です。 しかし、DIYには以下のような危険性を含んでいます。 ・コーキングをヘラでならした後、テープを剥がしているときにコーキングが切れずに一緒に剥がれてしまった ・新しく打ったコーキングがすぐにはがれてしまい、何度も同じ作業をすることになった ・コーキングが他の場所にこびりついて取れなくなってしまった 補修作業にはサイディングの種類や打ち方のコツなど専門知識、技術が必要です。 また、2階部分を補修する場合、高所での作業となるため、落下の危険性をはらみます。 安心や美しい仕上がりのためにサイディングの補修をする場合は、業者に依頼するようにしましょう。

□まとめ

サイディングの隙間を放置しているとどうなるのかをご紹介しました。 二次被害が出て大きな工事を要する前に早めに業者に依頼するようにしましょう。 その他にも知りたいことがあればお気軽にご相談ください。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。