外壁塗装の重要性❗️

老朽化
  • 豊橋市 外壁塗装工事業者 株式会社しらい です。 今回、外壁塗装の重要性についてお伝えしたいと思います。
  • まず初めになぜ外壁の塗装が必要なのか、その目的は建物の耐久性向上、美観維持、雨漏れ防止。 これらが挙げられます。
  • 外壁塗装を長期に渡り放置すると雨風、紫外線により外壁塗膜が劣化し、外壁表面に汚れが付着しやすくなり 藻やコケも付きやすくなります。外壁素材自体も劣化し、サイディングの外壁でしたら表面塗膜がなくなり、 素地が出て来ている状態になったらアウトです。そこから雨が侵入し壁がボロボロになり塗装では直せなくなる こともあり、サイディング張り替えになればかなり高額な工事になると思います。
  • 外壁がトタン素材の場合は、サビの発生です。このサビが建物にとって一番のダメージになります。 一度サビが発生したら外壁以外の素材にサビ汁等が当たり、汚れやもらいサビの状態になれば綺麗に戻すのは なかなか大変な作業になり、塗装を行っても塗れない箇所や部位が出てきますのでサビが発生する前に塗装を 行うのがベストになります。
  • ご自身でセルフチェックをしてみてください。西面、南面が一番日当たりが良いので、外壁を手で擦ってみて手に 白く粉みたいな汚れが付いていたら塗り替えのサインになります。また外壁に水をかけてみて水が弾かずに外壁素材 に吸い込んでいましたらそれも塗り替えのサインです。
  • 塗り替えをすることにより建物の耐久性が上がり、汚れも付きにくくなり、雨もしっかり弾くようになります。 外壁の塗膜も重要ですが、それに付随するシーリングと言われる窓の周りやサイディングとサイディングの合わせ目に ゴム製のシーリング材が大抵施工してありますが、シーリング材も建物の揺れや紫外線により亀裂や剥がれが起きてきます。シーリング材がダメになってくるとそこから雨が侵入しそちらからも外壁を破損していくこともあるため、ひび割れが出てきたらそろそろ塗り替えのサインです。
  • お家の資産価値も高めることに繋がりますので、約10年に一度のペースでメンテナンスを推奨していますが、早期でのメンテナンスを行うことが老朽化を防ぐことにも繋がります。
 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。